芋銀の雰囲気 - 先輩インタビュー

アイズ 品質管理部(2017年入社)

松 岡さん

 

自分はアイズ商品の
ブランドを守る「最後の砦」

入社のきっかけを教えて下さい。

学生時代から「食の安全」に興味があり、添加物が体に与える影響を研究するという一風変わったサークルに参加していました。サークル活動を行うなかで、加工食品には製造過程で人に起因する「食の危険」が多いという現状を目の当たりにし、もっと人が安心して「食」と向き合えるような取り組みができないかと考えるようになりました。就職活動ではフルーツが好きなことを理由にアイズの説明会に参加。そこで生産者と一緒に安全な商品の開発を行っていることや、衛生教育に力を入れている会社の方針に惹かれ入社しました。

現在の仕事内容を教えて下さい。

一言でいうと、安全を確認する仕事をしています。たとえば毎日生産されるカットフルーツ。一つの商品ができるまでに洗浄→カット→容器詰め→検品→出荷という工程があり、多くの作業者の方が携わっています。お客様の口に入る商品なので、万が一が有ってはなりません。工程ごとに決められたルールが徹底して守られているか、出来上がった商品の中身に問題は無いかなど、全てを機械任せにするのではなく、最後は人の目で状態を確認する。自分はアイズ商品のブランドを守る「最後の砦」だと思っています。

仕事のやりがいを教えて下さい。

安全への挑戦は終わりない仕事だと思っています。商品の細菌検査を内製化するなど、更に食の安全を追求する仕組みを作っていきたいと考えています。2017年には名古屋市HACCP(ハサップと読みます。食品安全が認められた工場に与えられます)を取得して、自分たちの商品に対して一層の誇りと自信を持つことができました。今後も私たちが作る商品が、多くの消費者から選ばれる「安心と安全のブランド」になることを目指しています。私にとって食べることは幸せなこと。その幸せを、仕事を通じてたくさんの人に味わってもらいたいと思っています。