芋銀の雰囲気 - 先輩インタビュー

芋銀 外食事業部(2018年入社)

ト 部さん (うらべ)

生産者も、来店されるお客様も「happy」に!

入社のきっかけを教えて下さい。

私が生まれ育った場所は田舎で、子供の頃から農業はとても身近な存在でした。実際に祖父が野菜を生産していたこともあり、漠然と青果物を扱う仕事に関心を抱いていました。そのなかで、生産者の抱えている問題に対して力になりたいと思ったことがこの業界を選んだきっかけです。農産物の消費を促進させる立場で、生産者を支えているような飲食業界を中心に就職活動を行いました。そして出会ったのが芋銀。自由な社風と、面接を通して出会った社員の人柄が決め手となり入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えて下さい。

現在はフルーツビュッフェ「32orchard(サニーオーチャード)」で、調理・接客を担当しています。毎日使用する食材の仕入れから新メニューの開発、アルバイトさんへの教育などを行っています。多くのお客様は「たくさんフルーツを食べたい!」と思われて来店されます。いかにお客様の期待をはるかに超えたサービスが提供できるか。毎日が顧客ニーズへの挑戦の連続で、そういった仕事のやり方を楽しんでいる自分が居ます。

仕事のやりがいを教えて下さい。

まずは店舗の運営方法を経営視点でできるようになってから、新店の開発をやってみたいと思っています。そして私たちのサービスを通じて、お店で使用する食材の生産者も、来店されるお客様も「happy」になれる新しい事業を創っていきたいです。フルーツを楽しむ手段や機会を増やしていくことが、きっと生産者の増加にもつながっていくと考えています。